「買ってはいけない郊外型大規模マンション」にランクインしていた我が家。

更新日:

 

郊外型の大規模マンションは、お金の評論家みたいな方ややネットでいつも叩かれがち・・。試しに検索してみたら、私が住んでいるマンションも名指しで批判されていました!

  • 資産価値がほぼない。
  • 数十年後には管理がずさんになって住めたものじゃなくなる。
  • 立地が悪いので売ろうと思ってもまともに売れない。

まぁ言っていることが分からないわけでもないのですが、そんなにズタボロに言わなくても~と言いたくなるような酷評でした(^^;

マンション

実際に郊外型の大規模マンションに住んでいる私が言えるのは・・

買っちゃいけない!なんて言われている場所に住んでいる人たちは、買ってよかった♪と心から思いながら快適・幸せに暮らしているということです。

 
子育て
 

私たち家族はもともと一軒家暮らしでしたが、長女が一歳を過ぎた頃に思い切ってマンションに引っ越しをしました。

その一軒家は夫が結婚前に買ったもの。ローンがかなり残っていたためマンション購入で二重ローンになってしまい正直家計はキツいです。。

 

でも郊外型のマンションに引っ越して、子育て期間をゆったりした気持ちでを楽しめていることが本当に幸せです。

将来の資産価値とかそんなもののためにに家を選ぶことよりも、かけがえのない「子育て期」を楽しく過ごせる家に住むことのほうが大切なのではと思うのです。

 

今日は、実際に住んでみて感じている郊外型大規模マンションの良いところ・悪いところをまとめてみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク




 

 

郊外型大規模マンションのいいところ。

 

大規模マンションにも個性があるので一概には言えませんが、私が住んでいるところを例に書いてみます。

 

子育て世代が周りにいることの利点のひとつは子育てに関する情報やサービスがたくさん集まってくるという点です。

 

マンション内まで入ってきてくれる幼稚園バスの数は年々増えています。子供が減っている時代ですから、幼稚園側も大量に子供が集まっているマンションを素通りはできませんよね!

幼稚園や保育園の選択肢が多く、それぞれの家庭に合った預け先を選ぶことができます。

 

また、もともと歩いて行ける距離にスーパーはありましたが、もっとマンションよりの土地に小さな商業施設が出来ました。入っているお店は子育て世代をターゲットにしたお店ばかりでとても便利です。

 

子供向けの楽しいイベントもたくさんあります。私が住んでいるマンションでは、夏祭りやラジオ体操・ハロウィン・お芋ほりなど季節を感じられる行事が多いです。

 

共用施設を使った子供むけ大人むけの習い事やサークルも豊富。

共用施設を利用しているので場所代がかからなかったり安いく済むので、結果的に月謝が安いです。敷地内ですので、夕方や夜でも子供を安心して通わせられます。

また、マンション内のサークルを通してママが趣味を楽しんだりお友達を作ることもできます。

 

敷地内に公園やキッズルームやプールや体育館やパーティールームがあるので、遠出しなくても子供と楽しく遊べます。

雨の日や自分の体調が少し良くない時、第2子や第3子を妊娠中・出産前後など、敷地内に楽しめる場所があるというのは本当に助かりました。子供って、家から少し出てお散歩できたかでかなりご機嫌が違いますよね♪

 

小学校や保育施設、幼稚園などが近くにそろっています。

ファミリーをターゲットとしたマンションなら、これを前提に建てられていると思います。マンション内に託児所があるところもあるそうです。

 

ディスポーザーや24時間ゴミ出しOKなど、便利な設備がたくさんついています。「そんなの無くてもいいんじゃない?」と思っていましたが、住み始めるとその便利さに驚きました。

子育てしてるとオムツのゴミも出ますし、朝の決まった時間までに出すのって大変だったりしますよね。自分が子供とお出かけする時に、ついでにごみを捨てられるのはとても助かります。

 

ちょっと考えただけでも大規模マンションのいいところはこんなにたくさん出てます(*^^*)

見つけた!
 

子育てに関すること以外ではこんなおすすめポイントも。

  • 周りの家庭の生活音などはほとんど聞こえません。(一軒家の時のほうが断然気になりました。)
  • 玄関の鍵を閉めれば戸締り完了。
  • 防犯カメラや複数のオートロックがあり、セキュリティーがしっかりしている。
  • 災害に強い建物構造。
  • 気密性が高いので冬でも暖かく、冷暖房の効きがいい
  • 敷地内に緑が多く、季節感を感じられる

 

 

郊外型大規模マンションの良くないところは?。

 

ママ向けのサイトなどを見ていると、マンションは「ママ友付き合い大変そう」という声をよく見かけます。

 

これに関しては無理に付き合ったり仲良くなる必要はないと思うんです。ただ普通に、会ったら挨拶や世間話しをするくらいで十分。

といっても、公園に行けば誰かしら子供がいたり子育て支援施設も多いので、会えばお話しするくらいのママ友さんは自然とできると思いますよ♪

 

気合を入れて「仲良しさん」を作ろうとすると、深入りしすぎてトラブルになったり疲れてしまうかもしれませんね。

 

 

あと、マンションは一軒家に比べて気密性が高いので湿気がこもりやすいです。

外出時は換気扇を回したり窓を開けて空気を流します。部屋のドアも閉めっぱなしにせず、可能な限り空気の流れを作って対策しています。

 

洗濯物の部屋干しをする時には、扇風機を回しています。(浴室乾燥機もありますが私はあまり使っていません)

 

また、住んでいる限りはずっと管理費や修繕積立費がかかり、どんどん値上がりしていきます。

でも払っている以上の便利さと快適さをもらっている気がします。敷地内はいつでもきれいだし、季節の花がきれいに植えられて管理が行き届いています。

 

10年先20年先、どうなっていくかはそのマンションの管理組合の運営次第ですね。

 

私自身が一番気になるのは、駐車場が家(部屋)から遠いという点です。

一軒家なら玄関出てすぐ車が停まっていますよね!マンションによっては1階だと目の前に庭と駐車場もついているところもあるようですが、大体は建物とは別に立体駐車場や平面駐車場があるパターンだと思います。。

 

 

子育てが終わったその先死ぬまでも同じマンションに住み続けるのか。

 

一部の専門家の方が言うように、30年後や40年後に不安がないかと言われると建て替え問題などにかぶりそうで少し不安です。

老後
 

マンションが売れるうちに売って、余裕があるうちに新たな住まいを見つける必要があるのかな?と思うことも。

 

将来そうなったとして、資金的に可能なら今のようなスタイルのマンションにまた住み替えられたらなぁと思っています。

そのくらい今の毎日の暮らしが楽しく心地いいのです。

 

 

都会も郊外も一軒家もマンションも、それぞれいいところがあると思います!我が家もはじめは今住んでいるエリアの新築一軒家とマンションでどちらがいいかものすごく迷いました。

 

今住まい選びに悩んでいる方がこれを読んでいるとしたら、偏った意見を真に受けて不安にならずに自分たちが幸せに暮らすための住宅選びを貫いてほしいなぁと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

☆2015年以降に一戸建てorマンションを買った方は要チェック☆





スーモのアンケートに答えてお小遣いゲット~♪

 

 

 

☆関連記事☆


 

 

 

 

☆マンション・住宅関連の人気ブログテーマはこちら☆

ブログ村テーマ
家にまつわるお金の話

 
節約貯金deゆとりのマネーライフ
 
私のマンションインテリア☆

 

 

 







 

 

 

≪自己紹介≫

幼稚園児と小学生の子育て中の33歳。

4歳・6歳の娘と夫の4人家族です

30代ママファッション ブログ

<資格>社会福祉士
ファイナンシャルプランナー3級

仕事はアパレル・コスメ関係です。

ちょっと仕事&たっぷり家事育児の毎日。家族で楽しく暮らし1人の女性としても輝けるように日々奮闘中☆

人気記事を見てみる

詳細プロフィール
お問い合わせはこちらから

 

-マンションで子育て
-,

Copyright© 30代ママのシンプルおしゃれライフ , 2018 AllRights Reserved.