買ってよかった楽天アイテムまとめ>>ROOM

幼稚園の入園グッズを簡単に時短製作したい☆初心者~中級車が参考にしたいお裁縫本はこれ♪

スポンサーリンク

 

4月から娘2人が幼稚園に入園します。

この時期になって、やっと2人の入園グッズの準備に取り掛かりました(^^;

 

プレに通う時に作ったアイテムを使いまわしますが、足りない分はこれから作ります!

こちらは2年前に作った長女用の通園グッズ

幼稚園入園グッズ くまのがっこう
 

前回作った時に習得した効率のいい作り方や、説明が分かりやすいおすすめの入園グッズ本をご紹介します。

 

 

 

 

作るものを決めたあとに生地を買いに行く

 

とりあえず子供が喜ぶ生地を買いにくところから~♪・・は無駄が多いのでおすすめしません。

 

まずは入園グッズ作りの本を1冊買って、作るものを決めてから生地を買いに行きましょう。

そのほうが生地をたくさん買いすぎてしまうのを防げるし、買い漏れもありません。

 

私が入園グッズ作りに使った本はこちら。

幼稚園 入園グッズ 本 手本 かんたん
 

本の中から作りたいものを決めて必要な生地のサイズをメモしたら、手芸屋さんにGO!

メモは、キルト生地1m×1m・普通の記事1m×80cm・丸紐90cm・Dカンひとつみたいな感じでメモをしていくと買い物をするときにわかりやすいです。

 

 

ちなみに私がこれから作るのは、

  • 絵本バッグ×2
  • 上靴入れ×1
  • お弁当袋×1
  • ランチマット×1
  • 体操服袋×1

です。

 

 

今回の入園グッズ作りで使う材料はこちら。

幼稚園 入園グッズ 製作 本 100均

入園グッズ 幼稚園 絵本バッグ お弁当袋 ランチマット

(一番右の紫のやつは、破れて補修する長女の洋服です(笑))

 

生地はパンドラハウス(イオンパンドラハウス楽天市場店で購入しました。

そのほかのDカンや丸紐は、セリアなどの100均がおすすめ♪可愛い色や柄もたくさんありあます。

 

 

生地に印をつけて切るまでは一気にやるべし!

 

昔赤ちゃんの洋服や袋物をたくさん作りました。

小さい子供の育児をしながらお裁縫の時間を作るのって大変ですよね。見えない部分はうまく手抜きをして製作していました。

 

私が時短のために省いているのは「地直し」です。

地直しをしないで作っちゃったから失敗してしまった!という経験はありません。(専門家の方いわく生地がリネンの場合はちゃんとやったほうがいいそうです。)

 

購入してきたままの状態だと、生地に畳みジワがついていることがあります。

そういう場合は普通にアイロンをかければ大丈夫。

 

生地に裁断の印をつける時は机の上より床がおすすめ。

私はこんな感じで生地を床にばらまいちゃいます。

布 裁縫 生地 裁断 入園グッズ 通園グッズ

机の上でチマチマやるよりこっちのほうが生地がずれないし線を引きやすいです。新たなシワもつかなくて一石二鳥!

 

布に印をつけるのは水性チャコペンや鉛筆タイプを使うのもいいのですが・・・私はボールペン使っちゃってます!

インクがにじまないタイプの安いボールペンです。

ボールペン チャコペン 印 裁縫
 

ペンタイプも鉛筆タイプも基本的に線が太くて、切る位置間違えると結構寸法狂っちゃったりするんですよね。

責任は取れないので敢えておすすめはしませんが・・細い線がきれいに引けるし楽だし表に見えちゃって困ったことはありません。

 

心配な方は外枠だけボールペンにして縫い代はチャチャコペンにすると安心かもしれません。(赤ちゃんの服とかは気を遣ってあげてください)

 

 

線を引いたらその日のうちに裁断まではやってしまいましょう。

線を引いたところで終わりにしてしまうと、また生地にシワが入ってしまうからです。

 

切り終わって小さくなればあまり小さく畳まなくてもしまっておけるので、シワになりにくいですよ。<>/p
入園グッズ 通園グッズ 製作 本 参考

切り終わった生地を並べてみると完成の雰囲気が見えて嬉しくなります♪

 

疲れたり時間が無くなったら作業はここでいったん中断して大丈夫。ここまできたら半分以上終わったようなものです(*^^*)

 

なかなか時間もとれないけど、出来上がって、喜んでくれる娘たちの顔を想像すると気合いが入ります♪

頑張って入園までに間に合わせるぞ~!

 

 

 

☆初心者でもわかりやすい入園・通園グッズ本☆


 

 

 

安くて可愛いお名前シールセット♪

 

 

 

☆あわせて読みたい関連記事☆
[st-card id=7468 ]
 
[st-card id=12885 ]

 

 

 
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました